お悩み相談室 そのコンプレックス、美容外科で簡単に解決。大阪

そのコンプレックス、美容整形で簡単に解決できます。

自分のコンプレックスをなくすのは、今や容易なことです。
一本の注射で人生を変えることが可能なのです。

特に皮膚を傷つけることなく、鼻が低ければ、ヒアルロン酸等で充填し高くバランスの良いデザインにすれば良いです。またエラで顔の大きさが気になるならボトックスなど注入してエラを縮小させれば小顔が手に入ります。

美容整形技術は進歩が甚だしいので、悩みに対して提示される方法を目の前に、そんな簡単にできるのかと驚くことも多いと思います。

あまり仰々しく考えずに、まずは美容整形外科に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

ボトックスとは?

医療用医薬品としてAlan B. Scottにより、斜視に対し極めて微量のA型毒素が使用されたのを初め、2010年現在、83ヵ国で様々な疾患に用いられている。

日本国内においてはA型ボツリヌス毒素製剤(商品名:ボトックス注用50単位・100単位)が注射剤として、1996年に眼瞼痙攣、2000年に片側顔面痙攣、2001年に痙性斜頸、2009年に2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足、2010年に上肢痙縮・下肢痙縮、2012年に重度の原発性腋窩多汗症の適応で承認されている。また、2010年現在、B型ボツリヌス毒素の承認申請が行われている。

米国においては、斜視、痙性斜頸、眼瞼痙攣、上肢痙縮、多汗症に加え、神経学的疾患による過活動性膀胱、慢性片頭痛の適応で承認されている。なお、日本では使用にあたり講習会を受けなければならない。

近年では医療用としてだけでなく、美容外科領域において筋弛緩作用を応用した「皺取り」や「輪郭補正(エラ取り)」の目的で使用されていることが多く、日本国内においても2009年にボトックスビスタという商品名で発売された。また、アカラシアの治療にもボツリヌストキシンの局所注射が有効という報告がある。ただし、これらに関してはいずれも日本で保険対象ではない。(出典:Wikipedia)

美容整形の脂肪吸引でできる傷

術後しばらくは傷痕が残るという事が考えられる美容整形の脂肪吸引ですが、どの様な傷になるのかという事については、気になっている人が多いと思います。美容整形の脂肪吸引については、カニューレと呼ばれる管を通すので、その部分が傷として残る可能性があります。

ですので、美容整形の脂肪吸引でできる傷は、あまり大きくないという事が考えられます。また、美容整形の脂肪吸引でできる傷を考慮して目立たない部分から手術が行われるので、傷自体についてはあまり気にしなくてもいい場合もあるかと思われます。美容整形の脂肪吸引を受けると、周辺に腫れや内出血などが発生する事もある様ですので、その点も考慮しておきましょう。

後姿もきれいになる美容整形の脂肪吸引

前から見た際にきれいになれるというのはもちろんですが、美容整形の脂肪吸引を受けると後姿まできれいになれる事もあります。美容整形の脂肪吸引は、腕や背中などのパーツにも行う事ができます。

後姿が気になっているという人は、美容整形の脂肪吸引ですっきりとするのもいいでしょう。背中や腕は痩せにくいパーツであると思われますので、美容整形の脂肪吸引が多いに効果を発揮する事もあるでしょう。美容整形の脂肪吸引に対応できるパーツは意外に多いと感じる人もいる様です。特にTシャツを着た際などに、背中がすっきりとしていると、美人だという印象を与えられる事もあるかと思います。後姿にこだわるのもいいでしょう。

おすすめ

脂肪吸引に関するあれこれ。 http://www.payamack.com/

美容整形で豊胸の施術を受けたい方へ。豊胸について。

ページトップへ戻る