お悩み相談室 そのコンプレックス、美容外科で簡単に解決。大阪

できるだけ早めに豊胸手術

温かい季節になると海やプールに出かけて水着を着たいという人も多い様です。その場合には、できるだけ早めに豊胸手術を済ませておかなければいけません。

豊胸手術を受けるまでには、いろんな情報を集めたり、ある程度は考える時間も必要になる事でしょう。

また手術は簡単なものであっても、傷が完治するまでは傷口が目立ってしまうという事も考えられます。そこで、冬の間に手術を行っておくといいかもしれませんね。

じっくりと考えてから行いたいという人はさらに時間がかかるという事も考えられます。

また、仕事が忙しく時間が取れない人であれば、お正月やゴールデンウィークなどしかまとまった休みを取る事ができない場合もあります。

体の回復を考えるとある程度は時間が必要になってくると考えられますので、その事も考えておきましょう。

美容外科の豊胸手術でドレーンを使う場合とは

美容外科でプロテーゼによる豊胸手術をする場合、プロテーゼを挿入する空間を乳腺下などに人工的に作る必要があります。人体の作用として、体内に空間ができると血液や水分が溜まりますが、その血液や水分が原因となって炎症などを引き起こす可能性があります。

そのため、チューブを付けることで溜まった水を排出させます。問題がなければ2日から3日ではずすことができます。ドレーンについては美容外科のドクターによって判断されますので、同じ施術でも必ずドレーンを使用するわけではありません。血液や水分の量が多い場合にのみ付ける場合もあります。

豊胸手術についての情報

ページトップへ戻る