お悩み相談室 そのコンプレックス、美容外科で簡単に解決。大阪

豊胸の栄養について

豊胸手術をして最高のプロポーションを手に入れたいという人も多いのではないでしょうか。

豊胸の技術は年々進歩しています。そのため、より多くの人が手軽に豊胸を楽しむ事ができるようになりました。

異物を胸に入れるのではなく、自分の体の他の部位の脂肪を注入するという方法は非常に安全で人気があります。

また、メスを使うのではなく、注射で行うものもあるため、痛みも少なく、安全でより低コストです。

現在の日本においては美容整形の分野は非常に注目を集めているため、この業界は今後も早いスピードで進化を続けるでしょう。

小さいバストに悩んでいる方は、豊胸をするために、毎日の食生活を改善する必要があります。

ビタミンEを豊富に含んでいるかぼちゃやオリーブオイル、ナッツ類や、ビタミンを豊富に含んでいるキャベツや小松菜、ミネラルを豊富に含んでいる海藻類やアーモンドなどもお勧めしたい栄養素です。

豊胸をしたいと思っている方の栄養素には、良質なたんぱく質の卵や豆腐や豆乳、味噌などの大豆食品や、肉類、魚類などもバランスよく食べることが大切です。

豆腐や豆乳は、大豆イソフラボンが含まれていて、女性ホルモンと似た働きがあるので摂取するようにしましょう。

美容外科での豊胸手術のダウンタイム

美容外科において豊胸バッグを挿入するタイプの手術ではすぐに大きなバストを手に入れられ人気があります。しかし腋の下や胸の下、乳輪の周りなどを切開し、皮膚の下に豊胸バッグを挿入するためしばらくの間傷みや腫れ、浮腫み、傷跡などが残りますが、これを「ダウンタイム」と言います。

美容外科ではだいたい1週間から2週間を要すると手術前に言われますが、バッグ挿入以外のヒアルロン酸注入や脂肪注入の場合はダウンタイムもかなり短く、メスを使用しないため抜糸の必要もありません。ただしバッグ挿入と比べて体内へ吸収される為、大きさを保ちたい場合は後々再施術を受けなければいけません。

豊胸手術についての情報

ページトップへ戻る